Reset

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:--   スポンサー広告    

はてしない物語。

風呂からあがってTVを点けたら、ネバーエンディングストーリーをやっていたので思わず凄い熱心に見てしまいましたよ。
(つか風呂入る時間がおかしいです広枝さん。)

私はこの話を先に原作で読んだので、始めて見た中学の頃から色々不満なんですがね。
だって始まりで終わってんだもんよ。2も見ないとダメですか。前後編ですか。
てゆかタイトルがまず風情なくてヤです。やっぱはてしない物語ってゆわないと。

まあ「特別」な物語なんで、どうしても点辛くなっちゃうんだけどね。
多分今のSFX技術駆使して目一杯忠実に作っても文句付けるよ、私。

最初に読んだのは小学4年? 3年?
今も載ってるのかなー、当時の国語の教科書におすすめの本が紹介されてるコラムみたいなページが挟まれてて、そこで紹介されてたのかな。
対象年令より1、2年上の本読み漁って悦に入る、ひっそり小生意気なヤなガキだったんで(笑)、分厚さと難しげな名作っぽい解説に心惹かれて誕生日に買ってもらって。

や、でもねー、それで特別な物語になったんだよね。
結構真面目に、「バスチアンは私だ!」って思った。
それこそ布団入って当時既に古かった白熱灯を枕元で付けて、早く寝なさいっていうお母さんに隠れて一晩で読んだからね。読みおわったの朝方。
実は今もちょっと思ってる。笑

あー懐かしいなーまた読みたくなっちゃったよーもう何年読んでないかなー。

スポンサーサイト

2006.06.16 05:30   Days   Trackback(0)   Comment(0)
<< 無題 : Top : 外食中。 >>

Comment















 管理者にだけ表示を許可する


Trackback

URL:http://kanzinan.blog54.fc2.com/tb.php/263-239d9c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。